青木養鶏所では、飼料の配合から卵の出荷までを自社にて行っています。
複数の会社にて行われる場合に比べ、輸送コストもかからないのはもちろん、
より鮮度の高い状態での出荷を可能にしています。
 
飼料原料タンク 配合済み飼料の保管タンク 各鶏舎への自動配給装置
 
手作業で丁寧に鶏舎に移します 専用鶏舎にて約120日飼育されます 専用計りにて体重を計測します 雛鳥用の独自配合飼料で育てます
 
5棟の鶏舎にて鶏の飼育を行っています 最新設備でクリーンな環境で育てています 温度、湿度などコンピュータにて管理 大型ファンにて室内温度を一定に保ちます スプリンクラーにてより快適な環境づくり 卵の回収も自動で鶏にストレスを与えません 定期的な血液検査で健康状態もチェックします
 
鶏舎内の集卵 鶏舎を出た卵はベルトコンベアにて運ばれます 鶏舎から屋外コンベアを通って集卵場に自動で運ばれます 自動インラインシステムによる集卵作業 ファームパッカーにて卵を傷つけることなくスピーディに集めます 専用のケースに入れられます ケースは自動ラックインシステムによって6段に積み重ねられラックに納められます
 
自動洗浄機 ひとつひとつ丁寧に洗浄されます 汚れやサイズなどの検査が高速で行われます 専用機器により細かなヒビも見逃しません 人の手によるチェックも行っています SKY360によるパック詰め 高速処理にて選別、パック詰めが行われます パック詰めされた卵の規格重量チェック 日付シール貼り パックのテープ止め ラベルシール貼りも自動で行われます
 
自動で割卵作業が行われます 殻などの混入もチェックします 専用容器へ移されます 重量のチェック できるだけ新鮮な状態を保つように空気を抜いてパッケージされます